Source: Ehime Shimbun

見頃を迎えたブラジル産のジャカランダ=7日午後、松山市御幸1丁目

見頃を迎えたブラジル産のジャカランダ=7日午後、松山市御幸1丁目

「熱帯のサクラ」と呼ばれる中南米原産のジャカランダが、愛媛県松山市御幸1丁目の写経道場「天龍山・空無我堂(くうむがどう)」で見頃を迎え、青紫色の花が鮮やかに咲き誇っている。6月中旬まで楽しめそう。

堂主の村上空山さん(87)によると、世界三大花木の一つ。2003年にブラジルを訪れた際、散った花がじゅうたんのように地面を覆った景色の美しさにひかれ、苗を取り寄せた。

今年は高さ約5~6メートルの全7本が咲き、7日は通行人らが写真を撮ったり、散った花びらを手にとったり思い思いに親しんだ。

松山大薬学部1年吉本莉奈さん(18)と祖母で高知市潮新町1丁目の主婦熊崎美稔子さん(80)は「3日に松山に来てから毎日足を運んでいる。日本の花とは違う雰囲気で、きれい」と感激した様子。村上さんは「大事に大事に育てた。安らぎと癒やしを感じてほしい」と目を細めていた。

ポルトガル語で話しましょう♫

  • ジャカランダ:jacarandá
  • :flor
  • 「熱帯のサクラ」:”cerejeira dos trópicos”

Comentários

comentário(s)

Pin It on Pinterest