Source: AFP

リオデジャネイロ五輪でホテルの部屋が取れない? 心配無用。ラブホテル「ビラ・レッジャ(Villa Reggia)」にもベッドはある。

2014年のW杯ブラジル大会のために改装されたブラジル・リオデジャネイロのラブホテルの部屋(2014年4月30日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

2014年のW杯ブラジル大会のために改装されたブラジル・リオデジャネイロのラブホテルの部屋(2014年4月30日撮影、資料写真)。【翻訳編集】 AFPBB News

5日に五輪が開幕するブラジル第2の都市リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)には50万人の観光客が訪れると見込まれており、宿泊施設の客室数を、リオ五輪招致を勝ち取った2009年当時の3万室から6万2000室に増やすという目標を立てて、懸命な取り組みがなされてきた。

しかしリオデジャネイロ宿泊産業協会(ABIH-RJ)のアルフレッド・ロペス(Alfredo Lopes)会長によると現在の客室数は5万6500室にとどまっており、不足するのではないかと懸念が出ている。

市当局だけでなく、悪名高い時間貸しの「ラブホテル」も五輪に向けて意気込んでいる。リオ・ラブホテル協会(Association of Rio Love Hotels)のアントニオ・セルケイラ(Antonio Cerqueira)副会長は、同協会に加盟しているラブホテル約5000室が、普通の宿泊施設より70%も安い魅力的な価格で利用可能だとして、「これらのラブホテルは12時間の利用料金で足並みをそろえている(日本円で1万~4万円程度)」と述べた。

セルケイラ氏のホテル「ビラ・レッジャ」には、金をテーマにしたベルサイユ・スイート、魅惑のハリウッド・スイート、どことなくエキゾチックなジャパニーズ・スイート、壁は黒く、びょうを打った革のベッドがあるSMスイートがある。

リスクを取ればラブホテル以外の選択肢も

もっと冒険してみたいという観光客は、ファベーラ(貧民街)のホテルを探すという手もある。細く急な坂道を上らなければならず、暴力沙汰に巻き込まれるリスクも跳ね上がるが、見返りに素晴らしい景色を見て本物のリオの生活を体験できる。

チリ人のホステルオーナー、パブロ・アンドレス・ゴメス(Pablo Andres Gomez)さんは、2014 年のサッカーW杯ブラジル大会(2014 World Cup)の時ほど景気は良くないとし、「何もかもジカ、暴力沙汰、経済危機、政治危機といった悪いニュースのせいだよ」と語った。

こうした経済的な苦境を受け、大勢のリオ市民が民泊仲介サービス「エアビーアンドビー(Airbnb)」に登録し小遣い稼ぎをしようとしている。エアビーアンドビーはリオ五輪組織委員会と提携し、これまでに確定した民泊予約は5万5000件に上る。

エアビーアンドビーのブラジルでの責任者レオナルド・トリスタオン(Leonardo Tristao)さんは「エアビーアンドビーは住民が家計の足しを稼ぐ選択肢として、そしてブラジルに外国人を引き付けるための選択肢として成長中です」とコメントした。

ポルトガル語で話しましょう♪

  • ホテル:hotel
  • ラブホ:motel
  • 泊まる:pousar, pernoitar

Silvia in Tokyo

Posts Relacionados:

Comentários

comentário(s)